カテゴリー
DX=Digital Transformation

なぜDXを技術視点から 検討し始めるのか?

皆さん、こんにちは!

ブルーウッズ・ストラテジック・アソシエイツ代表の塩谷です。

大変有難いことに、開業してから都市圏の企業様と並行して、東北地方の企業様ともお話しをする機会が増えて参りました。

今回、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」について、都市圏の企業様、地方の企業様との対話中で、ちょっと感じたことがあるので、何回かに分けて書いてみたいと思います。

今回のテーマは、こちら!

■デジタル・トランスフォーメーション(DX)をなぜ技術視点から始めてしまうのだろう?

では、はじめましょう!

■デジタル・トランスフォーメーション(DX)をなぜ技術視点から始めてしまうのだろう?

「DX=デジタル・トランスフォーメーションを我が社もやるぞ!」と仰るものの、直ぐに「どのような技術を採用すればいいですかね?」と技術先行での議論から入ろうとされます。

いつも、「あー、目的地(戦略)を決めずに、飛行機、船、鉄道、車など手段から検討するのか。。。リスク高いなぁ」と思ってしまいます。

まぁ、手段を起点に新しい価値を創造出来ることもあるけれど。。。

デジタルと言う言葉が頭に付いているからなのか、お会いする部門の多くがIT部門やDX関連部門の技術系の方々が多いんです。自然とAIやIoT、ブロックチェーン、ロボティクスなどの話題が多くなります。

まぁ、毎日沢山のセミナー案内などがメルマガに登録しているので色々きますが。。

「AIで変わる〇〇業務!」とか、「IoTが〇〇を変える!」とか、「技術+業務」的な案内が多いよなぁと、毎度毎度、受信ボックスの件名を眺めてますが。。。

私は、そこに違和感を感じます。

最近、シンガポールや米国の企業に勤める知人達と話していて、明らかに「DX」の捉え方が日本企業とは違っていることに気づかされます。

彼らは「DXとは技術ではなく、デジタル時代の経営戦略だ」と捉えています。

ここ大事です!テストで引っ掛け問題に出ますよ!

もちろん、DXを行うにはデジタル技術の活用は避けられませんので、技術視点から検討を始める方がとっかかりとして分かりやすいし、ミーティングも盛り上がったりするんですよね。

でも、そこにリスクが潜んでいることに気づいて欲しいんですよね。。。

次回は、

■デジタル・トランスフォーメーション(DX)は言葉であり実態が無いので、有形なモノから入るの方が分かりやすい?

について、思ったことを綴ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください