カテゴリー
Workcation

Workcation in Hachinohe(Aomori)を実際にやってみた様子と気づきについてつづってみました!日本語版

皆さん、いつもブログをお読みいただき有難うございます!
ブルーウッズ・ストラテジック・アソシエイツ代表の塩谷です。

今回は日本語版と英語版に分けて投稿する予定です。
まずは日本版からどうぞ!

以前に投稿した八戸初のコワーキングカフェ「エスタシオン」がオープンしてから2ヶ月半が経過しました。

以前のブログはこちらです↓

念願の八戸初コワーキングカフェ「estacion」がオープン!

実際に約2週間ずつ2回ほど八戸でWorkcationを実施し、得た気づきや様子を共有してみたいと思います!地方活性化の一つのネタになればと思って共有させて頂きます!

今回はその「エスタシオン」を拠点に約2週間ずつ2回ほど八戸で「Work & Vacation=Workcation」 を実際に行った様子や気づきを書いてみたいと思います。

ちなみに、「ワーケーション」の英語表記ですがBBCがワーケーションについて書いている記事に”Workcation”とありましたので、そちらの英語表記に統一させて頂きますね。

さて、私が本格的にWorkcationにチャレンジしてみたのは2020年9月からの約3ヶ月間なります。八戸の実家や、たまに中心街のホテルに滞在しながらチャレンジしたのが始まりです。当時はマイクロソフト社に在職していて、コロナ禍でもあり上司のご理解も頂きWorkcationにチャレンジしてみました。

当時はコワーキングカフェが八戸にオープンしていなかったこともあり、ちょっとオンライン会議の内容によっては貸会議室やホテルを利用していました。しかし、街中の幾つかの施設の回線スピードがまちまちのスピードでWi-Fiが不安定な場合はスマホのデータ通信サービスを利用していました。

当時は「あー、東京の様にコワーキングスペースが八戸にあればなぁ」と思って過ごしている状況でした。

そしてようやく! 以前のブログにも書きましたが、今年4月に八戸初コワーキングカフェ「estacionエスタシオン(駅)」https://8estacion.jp/)がオープンしました。

Wi-Fiも快適でワークスペースとしても、カフェとしてもとても良い環境です。現在、八戸に来る度に月額会員契約して2週間から3週間ほどこのワーキングスペースを利用して仕事していますし、地元のビジネス系の方々とも繋がれるのでとても良い環境です。

“Workcation”という言葉の通りWork + Vacationなのですが、私の場合には八戸市が故郷ですからバケーション気分ということはありません。でも、Workが終わったら、昔から見慣れたゆっくりした街並みを歩き、地元の方言を耳にし、馴染のお店に寄るなどして、仕事モードから解放されることで、私の場合には気分転換が出来る大きな効果をもたらしてくれています。

このブログを6月に書いていますが、日の入りが遅くなってきていることから、平日の夕方に仕事を早めに切り上げて、中心街にある本八戸駅からJRで鮫駅に向かい、海が近いこともあり海に面した蕪島というところまで行って夕陽を眺めなら海風に吹かれることも出来ます!これは贅沢な時間だなと感じています。

これは贅沢な時間だなと感じています。でも、夕方にオンラインミーティングが入ることも多いのでいつも蕪島に行けるとは限りませんが、相手によっては蕪島の海岸でオンライン会議することもあります。なんかアイディアが広がる効果を感じます!場所もとても重要だと私は思います。

ちなみに、「エスタシオン」の裏にはビジネスホテルがあるので、早朝Work前のランニングなどをされる方は、蕪島まで7.3kmを走ってもいいですね!往復14キロですが帰りはJR鮫駅から電車で13分程乗ると本八戸駅に着きます。そこからホテル滞在なら歩いて10分位で到着出来ます。

平日のWorkcationの様子ですが、基本的に八戸市に滞在している間は全てオンライン形式でコンサルティングを行っています。でも、東京近郊に居てもほぼオンライン形式で行っていますので問題なく仕事は出来ています。

現在、日本企業と海外企業を複数社ご支援させて頂いていますが、コンサルティングさせて頂いているチームメンバーの方々が、必ずしもオフィス勤務ではなく集まりにくいこともあるので、オンラインでご支援している状況です。私が東京都と八戸を行き来しながらWorkcationを実施していることは、現在ご支援させて頂いている全てのクライアントの皆様はご存じなので、逆に様子を聞かれたりしています。「今度、自社でも取り組むために参考にしたい」と仰って頂くクライアント様も出てきました!

働くスタイルが増えることは良いことだと思います。 

私の場合、基本的にオンラインでサービス提供が可能であるのでWorkcationが出来ていると言えます。しかし、どうしても物理的対応が必要なケースも出てきます。その場合にはオフィスへ訪問させて頂く日程を組んだ上、東北新幹線で前日か当日に東京入りするなどしています。東京までの時間は乗る新幹線によって停車駅が違いますが約3時間程度です。その移動時間を資料作成、経費精算や勉強の時間として使っています。

Workcationという言葉ですが、国内ではここ2年位で頻繁に耳にするようになった気がします。 実は、2010年頃から海外では使われていた言葉だそうです。

でも、ワシントン州に住んでいた2004年頃、友人達がブラックベリーやPalm Pilotなど、今のiPhoneが世に現れる4年前に流行っていた小型端末機器(PDA)をパソコンに繋げて、平日の夕方、海岸でバーベキュー前に仕事をして、それからバーベキューの準備をするのを見て、なんて贅沢でありながらもメリハリを付けたワークライフバランスな働き方をしているのだろうと思ったものです。その友人の子供たちはなんとホームワークを海岸でやっているというのが凄い! 私の子供達は同じ地元の学校に通っていましたが・・・うちの子は、海岸で遊んでいましたw

ちなみに、私のいたワシントン州のことしか分かりませんが、公園や海岸には、結構、バーベキュー台が普通に備わっている所が多くあります。多分、他州もそうかもしれませんね。そのような環境も影響があるのかもしれませんね。

ちなみに、早朝6時から陸奥湊駅(エスタシオンから3.8km)の所に早朝6時から営業している食堂もあり、そちらで朝食食べてからエスタシオンへ戻ってくるということも出来ます。

なんか、思いっきりドーン!と海鮮丼を載せてしまいましたが。。。

決して、いつも新鮮な海鮮ばかり食べているわけではありません!!w ※誤解無きようにお願いします!

また、普段、お昼はこの「エスタシオン」のカフェ飯か近隣の飲食店で食事をしています。

たまに、八戸の近隣市町村で有名なカフェがこのコワーキングスペースに来てランチイベントを行ったりしますし、近隣飲食店の特別弁当が数量限定で販売されたりしています。

これは、地元の地域経済活性化の一環でもあります。コワーキングスペースを訪れる人たちは地元の人ばかりではないので、特にビジネスで来られている方々には、夜にその飲食店に行ってもらう効果も狙っています。

あと、Workcationを「エスタシオン」というコワーキングスペースを拠点としたことで、一日のルーティンを決めて仕事をするようになりました。このコワーキングスペースは朝10時から19時までの営業なので、基本的にこの時間内に仕事を終わらせるように、時間配分するようになりました。自宅だと、夜にまた仕事すればいいかとなりがちで。。。ちなみに、東京でもコワーキングスペースを契約しているので、基本的に最近は自宅で仕事することは無くなりました。

また、今日は早めに仕事を切り上げて、ちょっと足伸ばして八食センターという市場で夕飯食べようかなと思ったら、オンライン会議や地元の企業との会議以外の時間配分を気にしながら仕事の生産性を挙げて早目に終わらせるなどモチベーションも上がります。

自宅でもそうやって生産性高く仕事は出来るのですが・・・なぜか、Workcationだと更に生産性が高くなっていることに気づきますw 19時に閉まると分かっているからかもしれません。

次に、私の八戸でのWorkcationの土日の過ごし方ですが、これもまた海が近いこともありウォーキングできる範囲では種差海岸や白浜海岸まで歩いたり、はたまたバスを利用して南部町や五戸など近隣の市町村を散策したり、レンタカーを借りて、八戸市より更に北にあるむつ市(松山ケンイチさんの出身地)、マグロで有名な大間、おいらせ渓流などに行ったりしています。

白浜海水浴場も種差海岸も「エスタシオン」から10kmくらいです。

また、毎週日曜日には館鼻岸壁朝市という未明から朝9時まで行われる朝市があります。漁港の岸壁に海産物や野菜、お惣菜から漁具のお店ななどなどバラエティに富んだお店が出店しています。数えただけでも80近いお店が出ています。私はこの朝市に行き、屋台で朝食を食べるのが楽しみです。

当然のことながら、一日の大半はコワーキングスペースで過ごしています。現在は複数のお客様先にオンラインでコーチ型コンサルティングを提供させて頂いていますので、基本的にデスクに座って業務をことが多い状況です。しかし、意図的にシンキングタイムとしてワーキングスペース近辺を歩きながら、いつもと違う風景の中で色々と考えているとパッと閃きがあったりします!w 

やはり、場所を変える時間の使い方を変える付き合う人を変えることは思考や気持ちのスイッチを変えると言われていますが、この三つを”Workcation”を通じて実行出来ているのではないかと感じています!

なんか、食べ物や景観ばかりが強調されてしまいましたが、実際にはこの「エスタシオン」にいる朝10時から19時までは集中的に仕事が出来ます。1日の中でもWork&Small Vacationでオンオフをしっかり出来ることは、結果として仕事の質を上げると感じています!!

お読みなられた皆様、是非、八戸でのWorkcationをコワーキングカフェ「エスタシオン」を拠点にして体験してみください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください